サービス設計はビジネスの基本中の基本

 

 

こんにちはまる。です。

 

今回は前回のロジカルシンキングの続きになる

サービス設計の流れをわかりやすく説明します!

 

それではやっていこう。

 

 

サービス設計の流れ

 

 

サービス設計の大枠はこのようになる。

 

これを順番通りに行うことでロジカルに設計することができて

正確な市場規模がわかり、

 

今狙うべき市場っていうのが分かってきます。

 

では、具体的に1つ1つ説明していきます。

 

 

3C分析

 

 

この図のように

顧客、自社、競合をそれぞれ分析していきます。

 

この中で一番大事なことは何だと思いますか?

 

自社のことをまず理解することがビジネスにおいては基本になります。

 

自社のことを分析するのに使えるのがSWOT分析です。

 

 

SWOT分析

 

自社をこのように強み、弱み、拡大可能性、縮小可能性の4つに分けて

箇条書きでも良いので書いてみる作業が必要になります。

 

単純に強み、弱みと事業が拡大する要因と、

売り上げが減るかもしれない要因を書き出す。

 

ここでは居酒屋を例に出して解説していきます。

 

強み

・1階路面店で目立つ(立地)

・仕入れ原価が安い

・国産を使用

・オリーブオイルを使用

・ウーバーデリバリー可能

・オフィス街で人が多い

・宴会などで利用できる

 

弱み

・メニューの豊富さ

・ブランド名がない

・値段が多少高い

・オフィス街なので週末空き

・人がいないので弁当販売不可

・長期休暇などは売上減

 

拡大可能性

・YouTubeなどの独自イベントを開催

・ハーボール愛好会などを作る

・週末キッチン貸し出し

 

縮小可能性

・大型休日などが増える

・ヘルシー思考になっている

・外食をする人が減っている

 

このように分かりやすく文字にして書くだけでも

今後の対策だったり、「この部分もっと工夫しよう」などの

改善点が出てくるので必ず書きましょう。

 

 

ここでも1つ具体的な例を出して解説しますね。

 

例)クライアントがカフェを新規でオープンするのだが

近くにスタバがあって先行きが不安・・・

 

あなたならどうするか?

 

先ほどの3C分析と、SWOT分析を使って

現状を把握していきましょう。

 

顧客分析

・休日はあまりいない

・サラリーマンが多い

・40代〜が多い

 

自社分析

強み
・ドリンク価格がスタバより40%ほど安い
・個人店なので独自のキャンペーンが自由に打てる
・アルコールや幅広いフードメニューも出せる。

弱み
・ブランド力がない
・大手ではないで仕入原価が多少高い

機会
・夜はバーとして営業ができる
・フードのデリバリーも可能

脅威
・スタバもアルコール販売されると集客が減る

 

競合分析
・朝50人 昼100人 夜40人
・女性が多い
・客単価530円と仮定すると1日の売り上げは10万700円

 

このように分析できます。

 

ここから4P分析を行い、価格の設定や、販売経路を確保していきます。

 

 

4P分析

 

Product(プロダクト:製品)

デザインやブランド名、パッケージやサービス

 

Plice(プライス:価格)

市場で販売する上での価格。

価格を設定することで必然的に決定されてしまうものが

ターゲット層ですので慎重な検討が不可欠

 

Piace(プレイス:流通)

製品を市場に流通させるための

流通経路や販売する場所が含まれる

 

Promotion(プロモーション:販売促進)

市場の顧客ニーズを減らす製品を制作し、ターゲットを決め

そのターゲット層に購入機会を提供できる流通販売経路を確保する

 

 

 

この4つの分析を踏まえて

さっきのカフェの例を出しましょう。

 

 

Product(プロダクト:製品)

・サラリーマン男性が多いことからボリュームを重視したランチメニュー

・女性取り込みのためにタピオカを扱う

・企業イベントの設定などのために飲み放題パッケージも用意

 

Plice(プライス:価格)

・サラリーマン取り込みのため、ドリンクセットで900円

 

Piace(プレイス:流通)

・オフィス街であることから一定のデリバリー需要もあると想定

 

Promotion(プロモーション:販売促進)

・宴会などのサービス認知のためにライン@で顧客をリスト化する(登録でドリンク1杯無料)

↑イベントシーズンでの利用を刈り取るため

 

 

ここまで来れば勝利は目の前

 

自社、競合の4P分析を比較し、

細かく1つ1つ改善を行えば必ず勝てる勝負になる。

 

簡単な図にしてみましょう

このようにすることで、どこに改善点があるのか

どこを強みにしていくかなどがはっきり分かりますよね。

 

 

市場分析

 

市場分析とは特定の商品やサービスを必要(ニーズ)とする人が

どれくらいいるのか ①

 

そしてニーズに人々はどれくらいお金を支払うのか

(デプス調査+メンタルアカウント分析)が ②

 

①×②が市場規模となります。

 

メンタルアカウント分析とは・・・

自販機の100円のジュースはケチるけど、

女性と行く食事の1万円はケチらない。

 

人はそれぞれでお金を払う価値観が違います。

どこにならお金を支払うかを市場分析にはねいさせないといけない。

 

 

ニーズ調査

多くの人に「こんなサービスあったらどう?」と

シンプルに聞くことが大事です。

 

この際に年齢別などのカテゴリー分けを行うのがコツ。

 

 

デプス調査

ニーズ調査の中から特定のニーズが確認できたカテゴリー層を呼び

5人〜10人程度に直接対面でヒアリングを行うことが重要。

 

 

まとめると

サービスを必要としている人×そのサービスに支払う金=市場規模

 

例えば

ある町で夜ご飯の宅配サービスがあったとしたら?と

町のママさん達に聞いてみたところ

月の食費の半分の2万円までなら払える!とのデータが集まった。

 

町のママさんの人数は1万人居るとしたら、

1万人×月2万円=月2億

 

月間で2億の売り上げ、年間で22億円。

 

このビジネスモデルは22億円の市場規模だね!ということがわかります。

 

とても簡潔にまとめましたが・・・笑

 

ここで最後にこのサービスを始めたからといって

いきなり22億儲かるわけではありませんよね?

 

新しい冒険をする人の割合は市場規模の16%程と言われています。

 

まずは16%の人を満足させる戦略を取りましょう。

ニッチなPR戦略

日本唯一の「高級チョコとコーヒーのお店」

 

なんか気になりますよね?

このようなニッチ戦略を取り、冒険する16%の層を獲得していきましょう。

 

十分に16%を取り切ったら自然と次の層、その次の層に普及して

売り上げが市場規模の数字へと近づいていきます。

 

 

このように設計を立てて様々な分析をやることで

必ず勝てる勝負をすることができるわけです!

 

今日はここまで