SEO徹底理解

 

こんにちは、まる。です。

 

今回はSEOについて書きたいと思いますが

SEOってなんぞや?

と、なってる方に向けて発信していきたいと思います!

 

 

そもそもSEOとは?

 

Webマーケティング手法の1つ

SEOとはWebマーケティングの中でも無料で実践でき、

検索結果上で上位表示を狙う施策のこと

 

SEO成功のポイント

いかに検索結果で上位を獲得するか。

これだけです。

 

では、どのような対策をして上位を狙っていくのか?

 

これから3つの項目に分けて解説していきますね!

 

 

競合コンテンツ調査

 

SEOで上位を狙うためには

まず競合のコンテンツ調査をする必要があります。

 

なぜ、調査をするのかというと、

自分の記事に独自製を加えるためです。

 

例えば「店舗集客」と検索した時の検索結果が

全て似たような内容であれば

顧客はGoogleから離れていきますよね?

 

Googleは顧客第一です。

 

そのため独自性がある記事は上位に表示されやすくなってます。

 

独自性:2種類
・情報としての独自性

・情報の切り口(見せ方)としての独自性

 

調査手順
・タイトル、構成を抜きだす

・文字数調査

・その記事ならではの情報

 

この調査をする理由は

どのような情報が含まれていないかを探すためです。

 

 

例えば独自性を出すとして記事が店舗集客についての場合を説明しますね!

 

各集客方法にオススメの基準を設ける
・簡易性(簡単に導入できる)

・即時性(今すぐ導入できる)

・即効性(今すぐ成果を体験できる)

・費用感(安く導入できる)

・安全性(安全に導入できる)

・信頼性(多くのユーザーが使っていて安心できる)

・持続性(費用をかけ続けなくても成果が現れる)

 

より多くの店舗集客方法を載せる

 

例えば競合が10個であれば自分の記事は12個載せるなどです。

 

これだけでも他の記事には無い独自性を出すことができます。

 

自分だから発信できること

 

自分が体験した体験談などを記事に盛り込むことでオリジナルの記事ができるので

そこも独自性に繋がりますね。

 

体験談などが無い場合は、

自分の考えなどを書いていきましょう!

 

内部SEO

 

次に必要なのが内部SEOです。

 

サイト内でのちょっとした工夫が検索上位に影響していきますので

ここの対策もしっかりやっていきましょう。

 

内部SEOとは?

そもそも内部SEOの対策って何?

 

となっている方もいると思うので解説していきますね!

 

・ユーザビリティの施策

・クローラリビティの施策

ぶっちゃけこの2つの対策をすれば問題はないです。

 

ユーザビリティ

ユーザビリティとはユーザーがサイトを訪れた際の使いやすさです。

 

先ほども言いましたがGoogleは顧客第一です。

 

顧客が「使いやすい!見やすい!」と思うサイトは

Googleが優遇してくれて上位に表示されやすくなります。

 

クローラリビティ

これはGoogleの「認識のしやすさ」です。

 

Googleにおはクローラーというロボットがいて

このクローラーが記事を巡回して良質な記事かどうかの判断をします。

 

ですのでこのクローラーにも認識されやすいサイト設計、記事が必要となります。

 

施策【ユーザビリティ】
・サイトスピード

・ディレクトリ構造

・内部リンク

サイトスピード

これは単純に軽いサイトにしようぜ!ってことです。

 

ユーザーは検索する際に

ページまで行くのに時間がかかると基本的に離れてしまいます。

 

ユーザーが離れるということは

ユーザーにとって使いにくいサイトになってしまいますので

使いやすさを重視が必要です。

 

基本的に5秒で離れるが鉄則なのでプラグインを必要最低限にするなどして

軽いサイト設計にしましょう!

 

基本的に上の項目の3つができていれば問題はないですが

自分で記事を見た際に「こうしたらもっと見やすいな!」など

気づきがあればどんどん改善していってくださいね!

 

ディレクトリ構造

これはサイト内の移動のしやすさになります。

 

ユーザーが見たい記事にすぐ飛べるかが重要になり、

基本的3クリックで見たい記事まで飛べるのが理想です。

 

ですのでカテゴリー分けなどを見やすく、わかりやすくして

ユーザーが見たい記事がすぐわかるタイトルにするなどの工夫が必要です。

 

内部リンク

よくある関連記事への誘導リンクを記事内に入れ込みましょうってことですね。

 

例えば「ブログでの集客方法」についての記事に

「ブログの記事の書き方」などの関連性のある記事のリンクを貼ることで

ユーザーは関連性があるので見てくれやすいですよね。

 

長くサイトに滞在してくてるということはGoogleからも

ユーザーにとって使いやすいサイトと判断されて

上位表示されやすくなります。

 

 

施策【クローラリビティ】
・適切なタグの設置

・モバイルフレンドリー

この2つの対策を取ることでクローラーに認識されやすく

良質な記事と判断されやすくなるので覚えておいて損はないですね。

 

適切なタグの設置

クローラーは記事の文字を読み込んで判断しているわけではなく

記事のソースコードを読み取って

良質な記事かなどを判断しています。

 

ですのでソースコードが変になっていないかを確認する必要があります。

 

モバイルフレンドリー

今や7割がスマホでネット検索をする時代です。

 

ということはスマホに対応させた

サイト設計、記事設計が必要になります。

 

サイトやブログを作る際はパソコンで作る方がほとんどだと思うので

スマホでの表示はどんな感じなのかを一度確認してみて下さい!

 

見にくいのであれば、改行するなどして改善していってくださいね!

 

 

外部SEO
外部SEOとは?

外部SEO=被リンクです。

 

被リンクとは、自分のリンクを他の媒体に貼られることです。

 

ちなみに自分の媒体にリンクを貼ることを発リンクと言います。

 

他のサイトなどから自分のリンクを貼られることで

自分のサイトの評価が上がり上位表示されやすいということですね。

・被リンク数

・被リンクの質

この2つを理解することで、良質な記事として評価されやすくなるので

是非、覚えていってください!

 

被リンク数

サイトで有益な情報などを発信していると

他のサイトなどで自分のサイトを紹介してもらったりすることがあります。

 

その被リンクの数がやはり良質な記事を見分けるための材料になっています。

 

ただ数が多ければいいという訳ではありません。

 

被リンクの質

被リンクの質というのは情報の類似度や、

被リンクしてくれたサイトのパワーになります。

 

エンタメ系の記事なのに

美容系のサイトの被リンクは普通に変ですよね。

 

関連性のあるサイトの被リンクが一番効果的になります。

 

また、被リンクしてくれたサイトのパワーも関係しています。

 

被リンクしてくれたサイトがアクセスを多く集めているサイトであれば

自分のサイトの評価も上がります。

 

ですので関連性のある有名サイトから多くの被リンクを獲得することができれば

もはやチートです。

 

余談ですが、

被リンク数が多ければ上位表示されるなら自分でサイトを何個も作って

リンク貼りまくれば上位表示できてしまいますよね。

 

それができてしまうと良質ではない記事が上位に表示される可能性があるからです。

 

意図的な被リンク獲得施策はペナルティの対象になり、

順位がアホほど下がりますので・・・やめましょう!

 

良質な被リンクを獲得するには?
・良質なコンテンツ作成

・SNSで拡散を行う

1つ1つ解説していきます。

 

良質なコンテンツの制作

良い記事を作れば悪い記事より他サイトに紹介されやすくなるのは当たり前ですね。

 

コツとしては、悩み解決をするユーザー目線で良質な記事を作ることで

いい記事と判断されやすくなりますよね。

 

SNSで拡散を行う

とにかくサイトの認知度を広げるために他媒体の活用も1つの手になります。

 

認知され良質な記事をアピールして

ユーザーがいい記事と判断されれば被リンクを獲得できる可能性は上がりますよね!

 

 

まとめ

 

・競合コンテンツ調査

・内部SEO

・外部SEO

この3つの対策を行うことで上位表示はされやすくなりますので

自分で工夫をしながら、改善を繰り返し行うことが

一番の近道ですね。

 

ユーザー第一に考えどうしたら読みやすい記事かを

考えながら作っていくクセをつけるといいかもしれませんね!